Tutor Profile

Cafetalk

Alisa I.

175 Lessons conducted
84 Students requested
Profile




Hi everyone!  Alisaと申します☆


アメリカ西海岸のビーチシティで暮らしています☆ 在米20年超になりました。

HAPA英会話プレミアムコースのコミュニティー専属講師をさせていただいております☆

私は中学で英語を習い始めてから、英語が大好きになり、高校で一年間ホームステイをしながら交換留学 (in Seattle, WA)、大学でも The University of North Carolina at Chapel Hill (ノースカロライナ大学チャペルヒル校) へ学校間のプログラムで一年間の交換留学をしました☆ 大学は外国語学部で言語学を専攻。卒業後、大手英会話学校で約5年間講師をしていましたが、結婚を機に渡米。以前からオンラインで英語を教えたいと思っていたのですが、下の子がハイスクールになって、やっと環境が整いました☆ 
TOEICのスコアは970点です。



「頑張って英語の勉強をしているのになかなか話せるようにならない・・・」という方は多いと思います。どうしてでしょうか? それは、「英語が話せるような学び方をしてこなかった」、と言うよりは、「英語が話せるようになるような教えられ方をしてこなかった」からではないかな、と私は思います。



私たち日本人が外国語として英語を習得する場合、必要なのは、「文法」+「発音」+「ボキャブラリーやイディオムなどの表現の知識」だと私は思っています。




英語は「スキル(技能)」です。Speaking skill,  Reading skill,  Listening skill,  Writing skill.  発音もスキルです。スキルは学び、練習することで身についていきます。残念ながら「自然に」身につくものではありません。小さなお子さんの場合、言語は母語として自然に身につきますが、ある程度の年齢に達してから外国語として英語を学ぶ場合は、その習得過程は全く異なってきます。

 

最近、「英語回路」や「英語脳」ということがよく言われるようになってきていますが、帰国子女等ではなく、外国語としての英語を習得して使いこなせている日本人の方に共通していることは、この「英語回路」が出来上がっていることです。例えば、「肯定文⇔疑問文⇔否定文の変換」などは、何も考えなくても瞬間的にできます。文法が頭の中でいわば「自動化」されている状態です。そして、日本語を介することなく、英語を英語のまま理解しています。だから「話せる」のです。



もちろんこれは、誰も最初からできるものではなく、Repetition=「繰り返し」によって培われたものです。 この「英語回路」を作るには、まずはシンプルで短い文をスラスラ言えるように練習するのがオススメです。「英語回路」ができてしまえば、あとは努力次第で長くて複雑な文も言えるようになっていき、英語で自分の言いたいことが言えるようになっていきます。   



私は、「英語はそんなに習得が難しい言語ではない」と思ってます。ただ、やはり「話せる」ようになるには、その「スキル」を身につける必要があります。私は基本的に私自身が英語のスキルを身につけてきた方法でレッスンをさせていただいております。



「もっと多くの方にもっと自由に英語を話せるようになって欲しい!」といつも思っています。「英語を頑張りたい!」という方のお手伝いができたら嬉いです☆ 是非ご一緒に頑張りましょう!

 

Hope to see you soon!






me & my host family





Halloween at the college dorm



70s party



with my roomie




me & my host parents today

Teaching
English

Lessons offered by this tutor