Lesson Details

Cafetalk

【中~上級】オペラを歌おう~♪♪

70 Mins P 3,300
tutor_image Micky
Voice

ずっと憧れていたオペラのアリアを歌ってみましょう。

最近オペラを勉強する声楽家の卵から次々とリクエストをいただくようになりました。Cafetalkで声楽を習うのは趣味の方かと思っていたので、Skypeレッスンの可能性に驚きつつも、うれしい悲鳴です。

どうしても発声練習から入って、次に曲…となると従来の50分レッスンでは足りないため、70分レッスンを新設しました。私のレッスンの中で、最も本格的でで、妥協ゼロの声楽レッスンになります。

※Cafetalkモニターのmintmirさんがこのレッスンを取って、ブログ記事にしてくださいました。⇒ http://mintmir.blog91.fc2.com/blog-entry-1010.html

「楽に歌える」とはどこが楽になるのですか?
ここに落とし穴があります。「楽に歌っているように聞こえる」なら正しいと思いますが、特に体が楽をしてもロクなことはありません。究極には喉でさえも苦しいと感じる場所を使っている方が良いことさえあります。何にせよ、楽をしたらオペラは絶対に歌えません。セミプロ、プロの声を目指すなら、そこに逃げてはいけないのです。

曲が大きくなればなるほど重要になるのが呼吸法と発声法であると、自分自身、歌っていて日々感じています。発声、歌い方はもちろんのこと、イタリア語、フランス語、ドイツ語の正しいディクションとオペラ解釈でアリアを作り上げていきましょう。(ロシア語、チェコ語は残念ながら読めませんし、発音できません。それでもよろしければレッスン自体はお受けします。)

発声と歌詞の明瞭さは表裏一体だと常々感じます。発声が悪い時は歌詞も不明瞭になり、声がハマると歌詞をハッキリ発音してるつもりがなくてもクリアに聞こえます。またその語学特有の音やイントネーションがきっちり出せるようになると、発声にも相乗効果があります。舌や顎、口の形が関わるので当たり前ですね。

---------------------
※こちらの予習をする都合上、48時間以上前に希望の曲目を添えてリクエストをお願い致します。継続の方も新しい曲の場合は48時間以上前にお願い致します。(特にソプラノの曲以外は予習に時間が必要です;;)

Material: Original Material

Tutor's profile

Lessons offered by this tutor