Lesson Details

Cafetalk

社会人のための音楽理論

60 Mins P 2,500 Trial 15 Mins P 300
tutor_image Icchan.K
Lyric Writing / Composition / Theory / Music Production

音大卒のプロ作・編曲家によるレッスン

音楽理論を学ぶのに遅すぎるということはありません。もしあなたが本格的に作曲を始めようとしているなら、このレッスンを受講するのは最高の選択だと思います。
あなたのレベルに合わせて丁寧に指導いたします。一緒に楽しく音楽理論を学びましょう!


★レッスン対象

社会人で、音楽に興味がある方ならどなたでも。
楽譜さえ読むことができれば受講可能です!
楽譜の読み書きから学びたい人は、別レッスン「楽譜の読み方・書き方講座」を受講ください。


★レッスン内容

〇楽典
楽譜の読み書きのルールである「記譜法」を中心に、「和音」「音程」「リズム」などの音楽を構成する要素について学習していきます。
作曲・演奏・その他あらゆる音楽活動の基礎となる勉強です。楽典をマスターすることは、あなたの音楽人生を大きくサポートしてくれるでしょう。

〇音楽史
西洋音楽史の勉強です。
演奏家としても、作曲家としても、指揮者としても避けては通れないのが音楽史の勉強です。一緒に楽しく学習していきましょう!

〇楽曲分析
「この曲はどのような構造をしているんだろう?」
「この曲の一番の聴かせどころはどこなんだろう?」
そういったことを解き明かすのが楽曲分析です。作曲者がどういうアイディアを生み出し、それらをどのように組み合わせて作曲したかを分析し、楽曲への理解を深めます。
学習には上記楽典と音楽史をある程度勉強していることが求められます。

〇和声法
ソプラノ、アルト、テノール、バスの4つの声部が、どのような規則に基づいて和音を形成しながら進行するのかを学びます。
和音の響きの美しさを重視するので、「縦に見る音楽」といえます。

〇対位法
複数の旋律を、音楽全体の調和を崩さずに、かつ各パートが美しいメロディラインを保てるように同時進行させる手法を学びます。
各パートの旋律の美しさを重視するので、「横に見る音楽」といえます。

和声法と対位法は二重らせんのようにお互いを支え合いながら、音楽の土台を作り上げています。この二つの音楽理論を学ぶことは、あなたの音楽への理解を深めるとともに、創作や演奏に大いに役立つでしょう。

音楽理論と聞くとなんだか難しそうな響きがしますね。でも、そんなことはありません。
最初のうちは、禁則に触れないように各声部を動かしながら正解を目指すことになります。まるでパズルゲームを解いている感覚で、結構楽しいですよ!
五線の読み方・書き方さえ身に付いていれば誰でも学び始めることができます。


★レッスン方針

体験レッスンで生徒さんのレベル、学習目的について話し合い、レッスンの方針を決めさせていただきます。
また、レッスン中は上記音楽理論の範囲だけでなく、音楽に関する質問にも幅広く対応していくつもりです。生徒さんの音楽が豊かになることを一番の目標にしています。


★教材について

レッスンで生徒さんと相談させていただきます。
生徒さんがお持ちの教材をもとにレッスンを進めても良いですし、必要があれば市販の書籍を購入をおすすめさせていただきます。臨機応変に対応していきたいと考えています。


興味のある方はお気軽に体験レッスンをお申込みください。
また、レッスン内容等にご質問があれば、私のプロフィールページよりメッセージでご連絡ください。
Material: Flexible

Tutor's profile

Lessons offered by this tutor

Feedback from students